当院の考え方


当院では、「東洋医学」に基づいた鍼灸治療を致しております

東洋医学とは、一般的には中国伝統医学を指しておりますが、本来は広くチベット医学やインドのアーユルヴェーダといったアジア圏の伝統医学を指します。

これら東洋医学の根底にある考え方は、自然との調和・心身の調和です。

取り巻く環境、生活習慣など、一人一人の状態を丁寧に分析し、そこから不調和を見つけ出し、調和へと導くのが東洋医学の治療スタイルです。

当院の治療方法は鍼灸を採用しておりますが、診断に際しましてはインド伝統医学であるアーユルヴェーダの考え方も取り入れ、より正確に一人一人の状態を分析する方法を取らせて頂いております。


中国伝統医学とアーユルヴェーダの違い

中国伝統医学は、理・法・方・穴・術という流れで診断・治療が行われます。

理とは診断し、証(病の状態を表す診断名のようなもの)を決めることです。証が決定されることでそれに伴い方法や処方、ツボの取り方、鍼灸の使い方が決まります。

つまり中国伝統医学は、病気を治す、ということが主な目的となっております。

一方、アーユルヴェーダは、ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カファ(水)という3体質を基盤として一人一人の体質を分析し、それに伴う食事や生活習慣の指導がメインとなります。

そのため当院ではアーユルヴェーダによって体質を分析し、中国伝統医学のものの見方で治療することで、東洋医学の理想的な治療を目指しております


両医学を合わせることは可能なのか?

アーユルヴェーダは体質分析に適し、中国伝統医学は治療に適しているとして、それぞれバラバラのものの見方を合わせることは可能なのか?と思われる方もあるかもしれません。

しかし東洋医学の源流は、実はインドのアーユルヴェーダと言われており、そこから派生していった医学なので双方のものの見方は大きくかけ離れていません。

アーユルヴェーダのヴァータ(風)・ピッタ(火)・カファ(水)は中国伝統医学では気・血・津液に置き換えることができ、アーユルヴェーダによる診断を中国伝統医学の治療に応用することができます。

インド占星術も用いた総合的な診断

昔の医者は占星術の知識にも長けており、本人の生まれた時の星の配置から人生全体の運命の流れを読み取り、健康管理や医療に活かしていたと言われます。

当院ではインド占星術による運命診断も取り入れ、より奥行きのある診断を可能にしています。

心身ともにより豊かに生きるにはどうしていくべきかを、インド占星術の観点からアドバイス致します